ギター好きなおっさんのブログ

ギターや趣味の事を呟いていきます。

ギター 指板図 音楽理論 コード

パワーコード

投稿日:

最近パワーコードという名前を知りました。

mesaです、こんばんわ。

パワーコードとは

ルート音+5度の音で構成されたコードで

主に6弦と5弦と4弦で使用します。

 

押さえ方は、Cのコードであれば

 

こうですね。

人差し指でC、薬指か小指でGを押さえます。

 

ロックやヘビーメタルなどでよく使用される

コードですね。

後、こういうのも

これはルート音、5度、8度(1オクターブ)の押さえ方です。

 

これはCのコードですが、Dなら2フレット右に移動するだけです。

5弦が5フレット、4弦が7フレットになります。

 

エレキギターから始める人は

最初にパワーコードから練習した方が

いいかもしれませんね。

 

いきなりFのコードでつまずいて

ギターを弾かなくなるより

楽しんでギターが弾けた方が

よっぽど上手になりますもんね。

 

音の構成です。

ルート音 5度

C   G

D   A

E   B

F   C

G   D

A   E

B   F#

となります。

 

練習方法としては・・・・

ひたすら弾く事ですね。

 

横にずらしてみたり

縦にずらしてみたり

まずは押さえ慣れる事から始めましょう

 

テンポよく押さえらるようになると

今度はミュートも一緒に練習すると

効率がいいと思います。

 

ミュートの方法ですが

最初はピックを持っている手で

ブリッジを押さえて音を伸ばさないように

弾く方法がいいと思います。

 

 

 

 

こんな感じです。(おっさんの手ですいません)

 

ミュートに関しては

弦を押さえている手でも

方法があるのですが

最初はブリッジをミュートするのを

頑張りましょう。

最初はミュート無しで、次にミュートして弾いてみました。

コードはCとDだけです。

(下手ですいません・・・)

 

これで良い音が出れば怖いもん無しです。

 

とは言っても、私はギター講師ではないので

あくまでも一個人の

練習方法だと思って下さいね。

 

と言うことで今回は

最初に練習するのはパワーコードの方が

良いんじゃないかな?という事でした。

ではでは、頑張って練習していきましょう~。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ギター, 指板図, 音楽理論, コード
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今年ももう終わりですね・・・

大掃除兼用模様替えをしたmesaです・・・。 こんばんわ。

ギターが上手い?下手?

開けましておめでとうございます。   随分とさぼってしまいました。   仕事の忙しい日々が続いてたのと、 ギターが一向に上手くならないので ちょっと距離を置いていました。 &nbs …

no image

コードの仕組みってどうなってんの!?

ギターを弾く時間が無いので ブログ記事ばっかり考えているmesaです、こんばんわ。 今回はギターのコードについて勉強しました(私がです)。

no image

指のストレッチ

エレキギターを弾き始めたのが中学1年の頃なので かれこれ30年位前・・・・マジか・・・ と自分の歳にショックを受けているmesaです、こんばんわ。

no image

毎日練習してますよ。

早弾きが出来なくなりつつあるおっさんです、こんばんわ。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク