ギター好きなおっさんのブログ

ギターや趣味の事を呟いていきます。

ギター 指板図 音楽理論 コード

コードの仕組みってどうなってんの!?

投稿日:2017年3月5日 更新日:

ギターを弾く時間が無いので

ブログ記事ばっかり考えているmesaです、こんばんわ。

今回はギターのコードについて勉強しました(私がです)。

コードとは

複数個の音で作られた音で和音とも言います。

 

コードの基本

コードといっても

メジャー、マイナー、フラットファイブ、シックス、

セブンス、ナインス、デュミニッシュ、サスフォー、

オーギュメントなどなど種類も沢山あり

結構覚えるのが大変です。

 

なので、まずは基本のメジャーコードから覚えます。

ルート音と3度、5度がで構成されたコードが

メジャーと言われるコードです。

 

例えばCをルートするメジャーコードは

C、E 、G ドミソです。

 

では、Dをルートとしたメジャーコードは

D、F、Aじゃありません。

 

D、F#、Aが正解です。

なぜFがF#になるか。

 

Cから1オクターブ上のCまでの音程差は

 

CとDで全音

DとEも全音

EとFでは半音

FとGは全音

GとAも全音

AとBも全音

BとCは半音となります。

 

ピアノの鍵盤を見ていただくと

分かりやすいです。

白い鍵盤の間に黒い鍵盤があれば隣は全音

なければ半音と成ります。

 

 

ギターでも簡単に分かります。

押さえた横のフレットは半音なので

2つ横が全音となります。

 

 

取りあえず表にしました。

と、音程さが分かったところで

メジャーコードに戻ります。

 

 

Cのメジャーコードは

ルート、3度、5度なので

CEG

 

Dがルートなら

DF#Aとなります。

 

メジャーコード表

 

どの弦のどのフレットで弾いても

ルート音(1度)と3度、5度の構成であれば

メジャーコードとなります。

 

 

ということで今回はコードの仕組みを

書いてみました。

 

コードを色んな箇所で弾けるようになると

耳コピや曲作りに役立つので頑張って覚えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ギター, 指板図, 音楽理論, コード
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ギターのメンテナンス2回目

重い腰をやっとあげて 再度ギターのメンテナンスに挑みました。   今回はWashburnのN2モデルです。

no image

♭と#の違い・・・

音楽を習い出してもう何年経つんでしょう・・・。 今更ながらはっきりした理由を考えず理解していました。

no image

シールドメンテナンスをしました。

機材やアクセサリー類が古いものばかりのmesaです、 こんばんわ。   古い物もちゃんとメンテナンスしたら 昔の輝きを取り戻してくれます。  

Line 6アンバサダー企画 モニタープレゼントキャンペーンに応募したけど・・・

いや、久しぶりすぎる更新です。  

ギタースタンドで空間が変わる?!

前々から欲しかったギタースタンドを 息子が誕生日プレゼントに買ってくれました。 大喜びのmesaです。こんばんわ

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク