ギター好きなおっさんのブログ

ギターや趣味の事を呟いていきます。

お手入れ ギター メンテナンス

ギターのメンテナンス2回目

投稿日:2017年9月3日 更新日:

重い腰をやっとあげて

再度ギターのメンテナンスに挑みました。

 

今回はWashburnのN2モデルです。

このギターは20歳の時に兄から

プレゼントしてもらったギターなので

もうかれこれ23年も使っています。

 

別にメインで使っていた訳じゃありませんし

一時は期手元から離れていたりもしていました。

 

でも所有していた楽器などを

結婚してから手放していったので

 

今では一番よく弾いているギターです。

 

まぁ、20年以上使っているので汚れもかなりなものです。

 

弾きやすいか、弾きにくいかで言うと

僕にとっては弾きにくい方です・・・。

 

弦高は1弦で2ミリほど・・・。

 

今まで使っていたギターより若干高めです。

でもこれ以上下げると音がビビってしまうんですよね・・・。

 

弾きやすい、弾きにくいは別として

取りあえず綺麗にしていきます。

 

まずはブリッジから

 

かなりな汚れ具合・・・。

こちらは前回同様ピカールで磨き上げていきます。

 

バラバラにしている余裕は無いので

今回も綿棒で細かい所まで磨いていきます。

 

 

はい、若干綺麗になりました。

これだけでも遠くからの見た目はかなり違います。

 

続いてボディーとヘッドですね。

 

かなり汚いですね・・・。

 

こちらはポリッシュで磨きあげていきます。

こちらも前回同様の

Ken Smith ケンスミス Pro Formula Polishを

使用します。

 

これはマジで汚れが良く落ちる!!

 

ゴシゴシ擦らなくてもササッと磨き上げれます。
サウンドハウスで調べる
サウンドハウスで調べる

 

臭いの好みが若干分かれるみたいですが

僕は好きな方ですね。

 

まぁしかしよく落ちる。

 

後はペグやらロックナットなども

ピカールで磨き上げます。

 

 

更に今回は、フレットも磨いてみます。

まずは指版にマスキングテープを張っていきます。

 

 

 

こんな感じです。

後はフレットをピカールで磨き上げていきます。

 

あんまり気にはしていませんでしたが

実はフレットもかなり汚れてました。

 

ジャック部も外して掃除しようとしましたが

時間の都合上今回はパスしました。

 

 

この辺は次回の弦交換の時にします。

 

記事ネタの為ですね・・・。

 

と言うことで今回も意外に綺麗になりました。

 

弦も新しいので音の鳴りが全然違います。

 

やっぱりお手入れは大事です。

 

ではでは頑張ってギターの練習しましょう~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-お手入れ, ギター, メンテナンス
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ボスハンド奏法ってなに?!

4月はほとんどギターが弾けなかった・・・。 忙しすぎるってのはいいことですが 趣味に時間が取れなくて辛いです。 ゴールデンウィークもほぼ仕事で潰れたmesaです。 こんばんわ・・・。

SDI/LOUDNESS ギター弾いてみました。

やっぱりLOUDNESSは難しい・・・ と改めて思う今日この頃です。 mesaです、こんばんわ。

no image

ギターの基礎を覚える

指板上の音をすっかり忘れてしまったmesaです、こんばんわ。

no image

やっぱりリズム感・・・。

リズム感というか、 正確に弾ききれてないからずれるんやん・・・ って最近思うmesaです。 こんばんわ・・・・。

no image

シールドメンテナンスをしました。

機材やアクセサリー類が古いものばかりのmesaです、 こんばんわ。   古い物もちゃんとメンテナンスしたら 昔の輝きを取り戻してくれます。  

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク